メイドのバイトと風俗ごっこ

メイドのバイトと知り合いたい

日本では確かメイド喫茶からこのコスチュームが始まったかと思うが、やがて風俗的なところへと流れこんで来た。

メイドの格好をしたバイトの女の子が性サービス一歩手前のところまでやってくれるというコンセプトだ。

喫茶だけだとちょっとオタクっぽくて踏み込みづらいというか、物足りない蛇の生殺しな感じだが、もう少し密着して触りたい、いじりたい、撫で回したい、というのが私を含めた一般的オヤジの願いだった。

若いバイトのメイドに密着したい。

このドス黒い欲望を人知れず胸に秘めながら夜の店舗をくぐる。

悲しいかな、この瞬間が風俗好きのオトコにとっては最も興奮するのだ。

最も生き生きして、ビールを煽る時以上に生きてて良かった感を心身ともに満喫することになる。

ただ脱いで一発やるだけというのは、少々飽きて来た。

ある意味でそんなことなら何処でも出来るからだ。

それよりも普段注文出来ないような変態的なことがやりたい。

メイドのバイトも、そこんとこヨロシク、と言いたい。

メイドのバイトとプチ風俗ごっこを

先週の土曜日、彼女とのデートがキャンセルとなって悶々としていた反面ワクワク。

念願のメイド服のバイトの娘とイチャつくことが出来たのだ。

素晴らしい!。

彼女に対するアリバイ工作バッチリやって、メイドの女の子と添い寝!。

この添い寝というのがまたいいもんだ。

最近ではセフレという言葉を文字ってソフレという言葉が出て来ている。

セックスするのは億劫だけど、添い寝がしたい、と…。

草食系時代の特徴を感じる。

メイドのバイトと添い寝。

自分の娘くらいの年齢の娘に甘えて大きな胸に顔を埋める。

ぐふふ…。

変態である(笑)。

メイドのバイトに応募

しかし私もここ最近性欲そのものが衰えて来ているようで、普段からこの添い寝プレーなるものをしてみたかった。

これは病みつきになりそうである。

セックスそのものはあつ程度年齢が行っている方が感度的に望ましいが、腕に抱いて撫で回して陶酔するなら、断然若くてピチピチ肌の女の子に限る!。

若いエキスを吸い取るというのは、まさにこのことだ。